普通の人がビットコインについて知っておくべきこと

シェアする

この記事は、ビットコインに初めて触れる方のために作りました。

「ビットコインはどのように動いているのか」
「ビットコインの何が話題なのか」
「ビットコインは将来どうなるのか」

といった、みんなが疑問に思うようなことに対する答えを書いています。

「ビットコインを知りたい」とは思うんだけど、どこから始めればいいのかサッパリだ。という方におすすめです。

ビットコインって何?

ビットコインとは、『電子マネー決済システム』のことを意味します。
通貨とは違い、この決済システム上のデータがビットコインです。

実際に存在しないのになぜ価値があるのかと疑問に思った方も多いかも知れません。
それは、ビットコインのデータが誰にも改ざんできないような仕組みで運営されているからです。

とても重要な点なので、ここを理解するために、わかりやすい例を挙げます。
例えば給料日、A銀行を経由して、会社からあなたの口座に30万円が振込まれるとします。

このとき、A銀行のシステム上では「〇〇会社の口座からあなたの口座に30万円が送られましたよー」というデータの付け加えが行われます。

しかし、もしこのデータが誰かに書き換えられて、実際には5万円しか送金されていないことになったらどうでしょう?A銀行に問い合わせても、「他にも同じトラブルが起きていて、今はどうすることもできません」との返答。

「こんなもの信用なるか!」と二度と使わなくなりますよね?
自分の資産が安全に管理されないということですから当然です。

その瞬間、A銀行の信用はなくなってしまいます。
だからこそ、各銀行は大きなコストを支払ってセキュリティ対策をしているのです。

実はそのコストは、利用者である私たちが「手数料」や「ローン金利」という形で支払っています。
「ATMでお金を引き出す手数料がもったいない」と感じたことがある人も多いと思います。

もし仮に、「データが改ざんされないシステム」が銀行のような組織ではなく、コンピューターによって運営できるようになったらどうでしょう?
「高い手数料」や「高い金利」を払わなくてよくなりますよね。銀行が管理するために雇っている人件費などがいらなくなるのですから。

勘のいい人ならお分かりでしょう。そうです、まさにその「管理者がいなくても、データの改ざんが行われない決済システム」こそがビットコインなのです。

日本円となにが違うの?

ビットコインと日本円の最大の違いは、国や政府のような管理者がいないことです。
先に書いた通り、ビットコインとは「管理者がいなくても、改ざんが行えない決済システム」です。

とは言っても「国や政府でも大丈夫じゃん」という人は多いでしょう。
しかし、そう感じるのは、あなたが日本で生まれ育ったからです。

実際に、国や政府が不正を働いてお金を好き勝手に増やしてしまったり、
国民から借りていた借金を、ある日いきなりチャラにしてしまったりした事例はたくさんあります。

ビットコインの開発を後押ししたのも、前年に起こった金融危機だという背景もあります。

それほど世界には、自国の政府や金融機関が信用できない人がたくさん存在するのです。

どうやって動いているの?

専門的なことは省略しますが、簡単に言うと、世界中で行われている計算競争大会がデータの改ざんを防いでいます。

これは「マイニング」と呼ばれていて、この大会で一位になった人は報酬としてビットコインがもらえます。

「よっしゃ、これで稼ぐぞー」と、世界中のマイナー(マイニングを行う人々のこと)が日夜コンピューターを動かして計算競争に参加しているのです。

これがビットコインの強力なセキュリティを担保している仕組みです。

なんでこんなに話題なの?

ビットコインが誕生してから約200万倍にも価格が高騰していることが話題の理由です。
これにより、ビットコイン長者と言われる人々が続出しました。

世界には、1000万円近くの利益を出した高校生もいるようです。

ビットコインで10万ドルを手にした少年が起業

将来的に、1BTCが10万ドルになるという予測もあるほど、ビットコインに対する期待は高まっています。

※9/25現在のビットコインのレートは、1BTC=415,000円

どこで手に入るの?

国内にある仮想通貨取引所で口座開設をしたら、ビットコインを購入できます。

国内だけでも30近くある取引所ですが、初心者にやさしい取引所は「コインチェック(Coincheck)」です。

ビットコインの買い方についてはこちらの記事でわかりやすく解説されているのでオススメです。

「ビットコイン、興味があるけど買い方がわからない」 「ビットコインは詐欺だって聞いたけど、危なくないの?」 「ビットコインはバブ…

まとめ

以上が、普通の人がビットコインについて知っておくべきことです。

これはかなり簡略化した説明なので、「もっと深く学びたい」と言う人は本などを読んで勉強してくださいね。

投資目的で買いたい人から実際に使ってみたい人まで、この記事をきっかけにビットコインへ興味を持っていただければ嬉しいです。

しっかりと学び、ビットコインの新たな可能性を知っていただければと思います!


ビットコインの歴史について描かれたドキュメンタリー映画が、Netflixで公開されています。興味のある方は以下の記事を参考にしてみてください!

Netflixで観れるビットコイン映画「BANKING ON BITCOIN」のレビュー

ビットコイン以外の仮想通貨についても知りたい!という方には、以下のエントリーがおすすめです!

2つの指標から見た「売買のしやすい」仮想通貨ランキング2017

SNSボタン上

初心者にオススメの仮想通貨の取引所をご紹介!

日本国内だけで30社近くある仮想通貨の取引所ですが、『どこでビットコインを始めとする仮想通貨を購入していいのか分からない』という方も多いと思います。そこで、実際にぼくがビットコインを売買してみて使いやすかった取引所を紹介します。これからビットコインを買いたいと思っている初心者の方の参考になれば幸いです。


Coincheck(コインチェック)
仮想通貨の取り扱い種類が豊富でサイトがわかりやすくて見やすいのが特徴です。ぼくが初めてビットコインの売買を行ったのがコインチェックでした! 巷では最近、コインチェックのビットコイン決済が使えるお店やサイトが増えてきています。実際にビットコインを使いたいという人にもコインチェックはオススメです!


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)
国内最大手のビットコイン取引所。フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点です。 ビットコインをおためしで購入するならビットフライヤーがオススメです!


Zaif(ザイフ)
仮想通貨XEM(ネム)やZaifトークンなど、独自の仮想通貨を取り扱うザイフ取引所。ビットコインの取引をするごとに少額の手数料がもらえる唯一の取引所です!Zaifコイン積立というサービスが特徴で、銀行口座を登録すると指定した額のビットコインを毎月積み立てることができます。積立ビットコインをするならザイフがオススメです!


BTCによる支援のお願い

最後まで読んでいただいた方へ

おもしろい!という記事があれば、ビットコインを支援してもらえると嬉しいです!
集まったビットコインは、旅の資金や記事の制作費に当てさせていただきます。

Takaya Takemura’s BTC address: [[address]]

Donation of [[value]] BTC Received. Thank You.
[[error]]

※ボタンをクリックするとアドレスが表示されます。


シェアする

フォローする