CAMPFIREがビットコイン決済を導入!ビットコインとクラウドファンディングの相性について

シェアする

CAMPFIREのクラウドファンディングにビットコイン決済が導入されました。

これからは、CAMPFIREでクラウドファンディングのプロジェクトを支援する際に、ビットコインによる決済が可能になります。

ビットコイン決済については、コインチェック(Coinchek)のcoincheck paymentが使われるようです。

これを機に、以前から感じていた、ビットコインとクラウドファンディングの相性について考えてみたいと思います。

関連記事「もしUberやAirbnbでビットコイン決済が導入されたら?」はこちら▼▼

「ビットコインは実用性がない」 「ビットコインなんて投資に使われているだけでしょ」 「ビットコイン決済が使えるお店がほと…

ビットコインは手離れがいい「お金」

ビットコインなどの仮想通貨について、仕組みは知らなくとも、昨今の急激な高騰をご存じの方は多いのではないでしょうか。

ぼく自身、以前お会いした方で、仮想通貨への投資で億単位の利益をあげたという人がいて、とても驚いたことがあります。

お金の流動性が上がると、経済は活性化されます。

仮想通貨の高騰は、まさにこれを表していて、トークンエコノミーと呼ばれる新たな経済圏を作り出しつつあることは以前このブログにも書きました。

VALUやCOMSAなど、トークン(仮想通貨)を発行することで資金を調達しようという仕組みが、最近よく話題にあがります。 トー…

そういった「お金」は、良くも悪くもカジュアルに捉えられるので、手離れがよく、支払いへの抵抗感も小さくなります。

この経済圏のお金(ビットコイン)を使えるようにすることで、

クラウドファンディングのプロジェクトのような、「海の物とも山の物ともつかないもの」にお金を支払うという心理的なハードルを下げることにもつながるのではないかと思いました。

※これは批判ではなく、クラウドファンディングのような、製品化されたもの(価値が保証されたもの)ではなく、これから製品化される予定のものにお金を支払うという心理的なハードルの高さを意図しています。

ボーダーレスに資金調達ができる


画像:coincheck payment

最近はそうとも言えないのですが、ビットコインが既存の通貨と比較される上でよく言われるのが、送金コストがほとんどかからないということです。

日本にいても、海外にいても送金にかかるコストは変わらないので、ボーダーレスに(国境を越えて)支払いを行うことができます。

ぼくの知る限り、CAMPFIREで行われているクラウドファンディングのプロジェクトは、日本国内に向けたものがほとんどかと思います。

しかし今後、海外に展開する上で、決済手段の多様化は必須でしょう。

そのためにも、ボーダーレスな通貨であるビットコイン決済を導入することは、とても重要なことだと思いました。

お金がなめらかにめぐる社会をつくる


CAMPFIRE代表の家入氏の著書「なめらかなお金がめぐる社会。

CAMPFIREの代表である家入一真氏が、テクノロジーを使って小さな経済圏を作ろうとしていることに、とても共感します。

ぼくは一年前、西アフリカにいました。そこでできた友達と連絡を取ることがあるのですが、彼らは、ぼくら日本人に比べて社会へのアクセスが限定的だと感じます。

この本の言葉を借りると、行動を起こすときに言い訳になるような障害がたくさんある、なめらかでない状態なのです。

「銀行口座がつくれない」「パスポートがとれない」といった相談を受けることもよくありました。

社会的な信用を得る「手段そのもの」が少ないのです。

ぼくはそういった、機会の不平等は問題だと思っています。さらに、その課題を解決するにはテクノロジーの力を使うことが、最も現実的な方法だとも考えています。

そのために、「もっと世界を見て回流必要がある」と感じ、ビットコインで世界一周という企画を立案しました。

ビットコインやクラウドファンディングの仕組みは、そういった課題の解決につながるものだと思うので、ぼくはCAMPFIREの取り組みを応援しています。

まとめ

まとめると、

1.手離れのいい通貨であるビットコインを使うことで、「支払い」の心理的なハードルを下げられる
2.決済手段の多様化で世界中での資金調達が可能になる

という2つのメリットがあり、ビットコインとクラウドファンディングの相性はいいと感じました。

加えて、CAMPFIREは、メッセンジャーアプリ(Slack)上で、「ありがとう」という感謝の気持ちとともに、少額のビットコインを送れるツールを無料で公開していたりもします。

「OKIMOCHI(オキモチ)」の詳細はこちら

今後も、こういった先進的な取り組みを続けるCAMPFIREの動向に注目したいと思います。

SNSボタン上

初心者にオススメの仮想通貨の取引所をご紹介!

日本国内だけで30社近くある仮想通貨の取引所ですが、『どこでビットコインを始めとする仮想通貨を購入していいのか分からない』という方も多いと思います。そこで、実際にぼくがビットコインを売買してみて使いやすかった取引所を紹介します。これからビットコインを買いたいと思っている初心者の方の参考になれば幸いです。


Coincheck(コインチェック)
仮想通貨の取り扱い種類が豊富でサイトがわかりやすくて見やすいのが特徴です。ぼくが初めてビットコインの売買を行ったのがコインチェックでした! 巷では最近、コインチェックのビットコイン決済が使えるお店やサイトが増えてきています。実際にビットコインを使いたいという人にもコインチェックはオススメです!


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)
国内最大手のビットコイン取引所。フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点です。 ビットコインをおためしで購入するならビットフライヤーがオススメです!


Zaif(ザイフ)
仮想通貨XEM(ネム)やZaifトークンなど、独自の仮想通貨を取り扱うザイフ取引所。ビットコインの取引をするごとに少額の手数料がもらえる唯一の取引所です!Zaifコイン積立というサービスが特徴で、銀行口座を登録すると指定した額のビットコインを毎月積み立てることができます。積立ビットコインをするならザイフがオススメです!


BTCによる支援のお願い

最後まで読んでいただいた方へ

おもしろい!という記事があれば、ビットコインを支援してもらえると嬉しいです!
集まったビットコインは、旅の資金や記事の制作費に当てさせていただきます。

Takaya Takemura’s BTC address: [[address]]

Donation of [[value]] BTC Received. Thank You.
[[error]]

※ボタンをクリックするとアドレスが表示されます。


シェアする

フォローする