ビットコインで変わる?トークンエコノミーとは何なのか

シェアする

VALUCOMSAなど、トークン(仮想通貨)を発行することで資金を調達しようという仕組みが、最近よく話題にあがります。

トークンエコノミー、直訳すると「代替貨幣の経済」となるこの言葉ですが、一体どういった意味を持つのでしょうか。

今回は、トークンエコノミーとは何なのか、そのやり方や買い方についても調べていきたいと思います。

関連記事はこちら▼▼

COMSA(コムサ)のトークンセールの事前登録者数が170,000人を突破しました。 トークンセールの開始時間、10月2日14…

トークンエコノミーとは?

仮想通貨でつくられる新たな経済圏

トークンエコノミーとは、ビットコインなどの仮想通貨の仕組みを用いて発行された「トークン(仮想通貨)」を元に形成される経済圏を意味します。

ビットコインからオルトコイン、オルトコインからトークンへと仮想通貨の流れが発生することで、この経済圏は活発化します。

ちなみに、トークンと仮想通貨が意味するものの違いは、ほとんどないと考えていいでしょう。

仮想通貨を誰でも発行できるようにカジュアルにしたものというイメージを持っていただけると分かりやすいかもしれません。

トークンは、自社(自分)で発行数を決めることができるという点や、法律上の権利がつかないという点で、トレーディングカードに近い性質を持っています。

よく、トークンは株式のようなものという説明がなされているのを目にしますが、現段階で発行されているトークンで、いわゆる株主権なるものが付与されているものはほとんどありません。

オーナーシップなどが付与されてしまうと、それが有価証券に分類される可能性が高まるため、そのあたりの法整備がまだ追いついていないのです。

今のところ、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)という資金調達への用途が主ですが、ぼく個人としてはトークンの持つ可能性は計り知れないものがあると考えています。

関連記事「ICOが世界を変える?」はこちら▼▼

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)をご存知だろうか。 先日、Mozilla前CEOが設立したBraveが30秒で3500万…

デジタルに稀少性の概念が付与される

その可能性を理解する上で押さえるべき最大の特徴は、トークンには稀少性があるという点だと思います。

「このトークンは世界に100しか存在しない」ということが、ブロックチェーンの技術を使うことで証明できるのです。

つまりこれは、今までコピーされ放題だったデジタル上のデータに希少性の概念が付与されたということを意味します。

ビットコインなどの暗号通貨しかり、トークンエコノミーは、実際には100持っていないかもしれないという疑念が一切なくなる新しい経済の仕組みなのです。

この技術が浸透することで、身分証明がない・銀行口座が作れない人たちが、社会にアクセスするための手段として機能するのではないかとも言われています。

関連記事「世界中の誰もが金融へのアクセスを有するようになる」はこちら▼▼

先日、宇宙から配信するビットコインネットワーク「Blockstream Satellite」登場というニュースが話題になって…

トークンのやり方・作り方

Counterpartyというブロックチェーンを使うことで、誰でもオリジナルのトークンを発行することができます。

必要な手順は以下の通りです。

1.ザイフ(Zaif)の取引所で口座を開設
2.XCPというトークンを0.5XCP購入(トークン作成時に必要)
3.IndieSquare Walletというアプリをダウンロードして作成

上記のトークン発行のやり方に関しては、また画像付きで詳細な解説をした記事を作ろうと思います。

ひとまず今は、こういったサービスを使うことで、誰もが独自のトークンが作成できるということを知っておいてください。

トークンの買い方・購入方法

日本でトークンが取引されている取引所にはザイフ(Zaif)があります。

ザイフでは、現在8種類のトークンが取引されていて、ザイフの口座開設を行うことでトークンを購入することができます。

その中でも注目されているのが、ZaifトークンとXCPトークンです。

Zaifトークン

Zaifトークンとは、ザイフ(Zaif)が発行しているトークン(仮想通貨)です。

最近は、8月に1Zaifが2.5円近くまで上がるなど、急な高騰を起こして話題になっていました。

しかし、現状では特に使い道というものはなく、トレーディングカード的な要素しかありません。

今後、テックビューロがこの通貨をどのように活用していくのかに期待しています。

XCPトークン

XCPトークンとは、CounterParty社が発行しているトークン(仮想通貨)です。

前述の通り、このトークンを使うことで独自のトークンを作ることができます。

こちらの購入方法も、ザイフ(Zaif)に口座を開設することで、取引が可能になります。

「口座開設の仕方がわからない」という方はこちらのエントリーを参考にしてみてください!

「ビットコイン、興味があるけど買い方がわからない」 「ビットコインは詐欺だって聞いたけど、危なくないの?」 「ビットコインはバブ…

COMSAについて

COMSA(コムサ)とは、テックビューロが運営を開始するICO(イニシャル・コイン・オファリング)のプラットフォームです。

日本の仮想通貨法に準拠したICOを可能にするサービスとして、とても注目されています。

COMSAの1号案件として、この2017年10月2日にCOMSA自体のICOを実施する予定で、今はそのプレセールに参加できる事前登録が行われています。

トークンエコノミーのメリット・デメリット

メリット

トークンエコノミーそのものの一番のメリットは、可能性が無限大にあることだと思います。

ふわっとしたことしか言えなくて申し訳ないのですが、資金調達はもちろんのこと、既存のポイントやチケットのシステムを刷新することも可能だと言われています。

そういった手段の多様化が進むことで、これまで社会にアクセスできなかった人たちに、アクセスポイントが生まれるようなことも起こるかもしれません。

そういった点で、文字どおり、新しい経済を生みだす可能性を秘めているというメリットがあります。

デメリット

トークンエコノミーが発展することで生まれるデメリットは、詐欺などが横行する可能性があるということです。

そういったトラブルが起こった時に、どれだけの保証があるのかも分かりません。

税制の面でも同じことが言えます。とにかく、法整備が追いついていないという点は利用する上でのデメリットであると言えるでしょう。

トークンエコノミーの今後

トークンエコノミーは、まさに今始まったばかりの新しい仕組みです。

日本でその筆頭となっているのがVALUCOMSAなどのサービスなのです。

これから、資金調達だけでなく、その他の新しい仕組みにも応用されていくことでしょう。

このシステムはぼくたちの生活に必要不可欠ものになるかもしれません。

今後とも、トークンエコノミー周りのサービスの動向に注目したいと思います。

SNSボタン上

初心者にオススメの仮想通貨の取引所をご紹介!

日本国内だけで30社近くある仮想通貨の取引所ですが、『どこでビットコインを始めとする仮想通貨を購入していいのか分からない』という方も多いと思います。そこで、実際にぼくがビットコインを売買してみて使いやすかった取引所を紹介します。これからビットコインを買いたいと思っている初心者の方の参考になれば幸いです。


Coincheck(コインチェック)
仮想通貨の取り扱い種類が豊富でサイトがわかりやすくて見やすいのが特徴です。ぼくが初めてビットコインの売買を行ったのがコインチェックでした! 巷では最近、コインチェックのビットコイン決済が使えるお店やサイトが増えてきています。実際にビットコインを使いたいという人にもコインチェックはオススメです!


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)
国内最大手のビットコイン取引所。フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点です。 ビットコインをおためしで購入するならビットフライヤーがオススメです!


Zaif(ザイフ)
仮想通貨XEM(ネム)やZaifトークンなど、独自の仮想通貨を取り扱うザイフ取引所。ビットコインの取引をするごとに少額の手数料がもらえる唯一の取引所です!Zaifコイン積立というサービスが特徴で、銀行口座を登録すると指定した額のビットコインを毎月積み立てることができます。積立ビットコインをするならザイフがオススメです!


BTCによる支援のお願い

最後まで読んでいただいた方へ

おもしろい!という記事があれば、ビットコインを支援してもらえると嬉しいです!
集まったビットコインは、旅の資金や記事の制作費に当てさせていただきます。

Takaya Takemura’s BTC address: [[address]]

Donation of [[value]] BTC Received. Thank You.
[[error]]

※ボタンをクリックするとアドレスが表示されます。


シェアする

フォローする