ビットコインキャッシュ(BCH)についての予想や購入方法について

シェアする

ビットコインは利用者が増加したために、取引の承認に渋滞が起こるようになってしまいました。

さらに、最近の相場の高騰も相まって、ビットコインを使う大きなメリットとして謳われてきた手数料の安さも、一回の送金に約200円まで高騰しました。(2017.8月現在)

そういった課題を解決すべくして、ビットコインのマイナーたちは話し合いを進めてきましたが、

それぞれの派閥ごとに利害の食い違いなどが起こってしまい、最終的に2つのグループに分かれてしまったのです。

簡単に説明すると、これまでのビットコイン(BTC)を改善していこうという派閥と、新たなビットコインキャッシュ(BCH)を作ろうという派閥の2つに対立しました。

新たに作られたBCHについて、いったいこの通貨はBTCと何が異なるのでしょうか。

【スポンサーリンク】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

まず初めに、ビットコインキャッシュ(BCH)とは、ビットコインのフォーク(分岐)によって生じた新しい暗号通貨のことです。

前述の通り、主に中国内のマイナーで構成される派閥が、Segwitというシステムの処理能力向上のやり方に反対したことがきっかけです。

これは、ブロックチェーン場の取引データを圧縮して、取引の渋滞問題を解決しようとする試みでした。

こうすることで、現状のブロックサイズのまま、取引の高速化を測れるという見立てでした。

しかし、このやり方に反旗を翻したのが中国のマイナーグループです。

「その方法では自分たちの収益が目減りする」と考えた彼らは、一つあたりのブロックサイズを大きくしようと主張したのです。

そこでお互いの利害の対立が起こり、Segwit2xという案が浮上しました。

これは、Segwitは行うが、11月にはブロックサイズの拡大(2倍)もやりますよというものです。

それに80%以上の指示が集まり、ひとまずのSegwitが行われました。

しかし、利害の対立とは恐ろしいもので、どうしてもブロックサイズの増大を行いたい人たちは存在します。

その人たちが起点となって生み出したのが、このビットコインキャッシュ(BCH)なのです。

ブロックサイズ増大のハードフォークによって生まれたBCHは、最終的に8MBものサイズ(現行の8倍)に増大することを目指しているようです。

このように、それぞれの派閥の利害により、ビットコイン(BCT)から派生したのがビットコインキャッシュ(BCH)なのです。

サトシナカモト氏によって考案されたビットコイン(BTC)でありますが、最初から欠陥のないシステムをつくるは不可能でしょう。

こうやって、マイナーや利用者の利害に左右されながら、改善されていくのも仕方がないことなのかもしれません。

BTCの相場に影響を与えるという予想

先日、「ビットコインで世界一周プロジェクト」のFacebookグループ内で、Aさんから「ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の予想」に関して質問がありました。

その質問に対する、ある参加者の方(Bさん)の回答がとても秀逸だったので、そのまま引用させていただきます。


Aさん こんばんは!現在ビットコインキャッシュ(BCH)が急騰していますが、ビットコイン(BTC)が何か影響を受ける事は考えられますか?

ぼく  この問題(ビットコインのフォーク問題)は、ビットコインのマイニングを行う人たちの、派閥争いに関係しているそうです。

ぼくが、相場がどうなるかを予想することはできないのですが、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の時価がお互いに影響し合うことは十分にあり得ることだと思います。

それは、マイナーにとって、同じだけの電気を使うのなら、収益性の高い方(BTCかBTH)に使いたいという心理が働くものだと思うからです。

よって、ぼくの答えは「今後、ビットコイン(BTC)がビットコインキャッシュ(BTH)に影響を受けることは十分にあり得る」です。

ビットコインキャッシュ(BTH)に関しても、記事にまとめようと思います。ご質問、ありがとうございます!

Bさん ぼくは、影響は大きくあると予想します。より具体的には、今後ビットコインキャッシュ(BCH)が上がれば、ビットコイン(BTC)は下がります。

なぜなら、これから儲かりそうな方にインフラを担うマイナーたちが飛びつくからです。マイナーが減るほど、ビットコイン(BTC)の決済速度はどんどん遅くなります。

決済が不便になれば、ユーザー離れが起き、流動性も低下します。これにより、そのビットコインの価値は今後さがります。

ビットコイン(BTC)は考案者サトシ・ナカモトの「無国籍通貨」という思想をうけつぐ「善意の人々」による仮想通貨。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、サトシ・ナカモトが想像できなかったビットコイン(BTC)の欠陥の解決というお題目で、ビットコイン(BTC)を「実質:中国国籍」に支配しようとしている仮想通貨だと私は予想しています。

なぜビットコイン(BCH)は中国国籍という話になるのか?それは、仮想通貨の決済インフラを担うマイナー(掘り屋)の70%(現在)が中国人経営であり、中国政府もビットコインキャッシュ(BCH)の流通を推奨しているからです。

ぼくはサトシ・ナカモトをはじめとする、ビットコイン(BTC)に無国籍通貨の理想を求めた人達を支持しているため、BTCこそが正当なビットコインだと考えます。

しかし、現状のBTCは値段が高くなりすぎており、元々のメリットである「送金コストの安さ」などが薄れつつあります。

そういった意味では、今後、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の価格は緩やかに近づいていくと予想できます。

今後、どちらが主流になるかは、ビットコイン(BTC)がなぜ発行されたのか?を本当の意味で理解する人が世界にどれだけ増えるかだと思います。


確かに、非中央集権的な管理システムとして考案されたビットコイン(BTC)が、一部のグループの利害によって左右されるのは、開発当初の趣旨とは異なる方向に進んでいっていると言えるのかもしれません。

ぼく自身も、ビットコインに端を発する革新により、世界中誰もが金融へのアクセスを持てるような世界になると信じているので、この一連の騒動は少し残念な気もします。

関連記事「世界中の誰もが金融へのアクセスを有するようになる」はこちら▼▼

先日、宇宙から配信するビットコインネットワーク「Blockstream Satellite」登場というニュースが話題になって…

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法

ビットフライヤー(bitFlyer)でBCHを購入する

国内最大手の取引所を運営するビットフライヤーでは、いち早くビットコインキャッシュ(BCH)への対応を行なっています。

8月2日より、ビットコインキャッシュ取扱い開始記念キャンペーンなどを行なっていました。(現在は終了しています。)

ビットフライヤーのアルトコイン販売所で、ビットコインキャッシュ(BCH)の購入が可能です。

コインチェック(Coincheck)でBCHを購入する

コインチェック(Coincheck)では、8月7日より、ビットコインキャッシュ(BCH)の入出金が可能になったようです。

ザイフ(Zaif)でBCHを購入する

ザイフ(Zaif)でもまた、8月7日にビットコインキャッシュ(BCH)の付与が開始されたようです。

8月9日の時点で、取引所での購入が可能になっています。

BCHは今後どうなるのか

大方の予想では、今後もBCHは通貨として機能していくと言われています。

11月に控えたハードフォークへの圧力としてビットコインキャッシュ(BCH)を引き合いに出されるのではないかとも考えられているようです。

ビットコインキャッシュ(BCH)今後の動きに注目したいと思います。

SNSボタン上

初心者にオススメの仮想通貨の取引所をご紹介!

日本国内だけで30社近くある仮想通貨の取引所ですが、『どこでビットコインを始めとする仮想通貨を購入していいのか分からない』という方も多いと思います。そこで、実際にぼくがビットコインを売買してみて使いやすかった取引所を紹介します。これからビットコインを買いたいと思っている初心者の方の参考になれば幸いです。


Coincheck(コインチェック)
仮想通貨の取り扱い種類が豊富でサイトがわかりやすくて見やすいのが特徴です。ぼくが初めてビットコインの売買を行ったのがコインチェックでした! 巷では最近、コインチェックのビットコイン決済が使えるお店やサイトが増えてきています。実際にビットコインを使いたいという人にもコインチェックはオススメです!


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)
国内最大手のビットコイン取引所。フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点です。 ビットコインをおためしで購入するならビットフライヤーがオススメです!


Zaif(ザイフ)
仮想通貨XEM(ネム)やZaifトークンなど、独自の仮想通貨を取り扱うザイフ取引所。ビットコインの取引をするごとに少額の手数料がもらえる唯一の取引所です!Zaifコイン積立というサービスが特徴で、銀行口座を登録すると指定した額のビットコインを毎月積み立てることができます。積立ビットコインをするならザイフがオススメです!


BTCによる支援のお願い

最後まで読んでいただいた方へ

おもしろい!という記事があれば、ビットコインを支援してもらえると嬉しいです!
集まったビットコインは、旅の資金や記事の制作費に当てさせていただきます。

Takaya Takemura’s BTC address: [[address]]

Donation of [[value]] BTC Received. Thank You.
[[error]]

※ボタンをクリックするとアドレスが表示されます。


シェアする

フォローする